白タクシーとは

白タクシーとは

タクシーとして営業するにあたって必要な許可を申請せず、自家用車である白いナンバーで営業を行うタクシーを指します。申請のない白タクシーは法律上違法行為とみなされます。「白タクシーはなぜ、違法なのか」昨今の動きとともに紹介します。

白タクシー営業は違法

営業許可を取得せずにタクシー事業を行った場合、「道路運送法」の違反となり「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」を受けることとなります。事業を行う場合は必ず申請を行い営業許可を取得しましょう。

規制緩和の動き

現状、白タクシーの営業は違法取り締まりの対象となっていますが、昨今、地方都市や過疎地ではその規制を緩和する動きがあります。過疎地では高齢化に伴い自動車免許を返納する人が増えています。交通手段として注目されているのが「ライドシェア」と呼ばれるインターネットを介した取り組みです。一般のドライバーと乗車を希望する人をマッチングし有償で目的地まで走行します。観光客に向けたサービスとしても注目されています。

今後の動き

タクシードライバーが減少するなかで、白タクシーを含め一般のドライバーをどのように事業に取り入れていくか法律の見直しが始められています。ライドシャアのような助け合いサービスが普及する日も近いかもしれません。

おすすめ記事