現在、タクシー会社はどこも人手不足です。従って、タクシードライバーの需要は大きく転職を考えている方には絶好のチャンスであるといえます。しかし、現任者が他企業へ転職する際には未経験者よりも厳しい目が向けられます。採用担当者が現任者に求めるポイントについて紹介します。

退職理由を端的に説明する

現任者が同業界で転職をする際に採用担当者が留意するのは経験社数と在籍年数です。タクシードライバーはさまざまなお客様と接する接客業であり、短いスパンでの退職履歴がある場合必ず質問されるでしょう。退職理由についてはできる限り素直に受け答えをする必要があります。退職理由を客観的に見極め、転職後の働き方について端的に説明するといいでしょう。

専門業界は意外と狭い

タクシー業界は専門的な業界であるため、会社同士が顔見知りのケースが多くあります。現任者を採用する担当者は前職とつながりがある場合が想定されるため、面接の際にはできるだけ嘘偽りのない答弁を心がけましょう。効率的な転職活動を希望する方には、匿名応募が可能な転職支援サービスなどの利用もおすすめです。

まとめ

現任者として転職をする場合、業界を前向きにとらえ面接に挑む必要があります。前社での経験をポジティブに捉え、自信をもって面接に出かけましょう。