タクシー運転手に年齢制限はあるのか

タクシー運転手として仕事をする上で、年齢制限はあるのかについて解説していきます。
タクシー運転手として仕事をする上で、第二種運転免許が必要になってきます。
第二種運転免許には、普通自動車免許の取得から3年経過していなければならないという条件があります。
ですので、最低でも21歳で無いとタクシー運転手として仕事をすることはできません。
ただし、これは18歳で普通自動車免許を取得していることが条件となってきます。

一般的には、法人のタクシー会社は65歳を定年としていますが、65歳を過ぎた場合でも75歳までは
・継続して社員として働く
・非正規社員として働く
・嘱託社員として働く

上記のどれかで定年以降も働くことができます。これはタクシー業界は法令で労働年齢に制限が無いことが理由です。
しかし、これは健康状態に問題がないことが条件になります。
個人の場合は定年という概念はありませんが、個人タクシーの免許は更新制となっており、最終更新は75歳までとなっています。

おすすめ記事