タクシードライバーに必要な免許の種類について

タクシードライバーになるために必要な免許について紹介します。

必要な免許と受験資格

タクシー運転手としてお客様を乗車して車道を走るためには二種免許の取得が必要となります。受験資格は下記の二点です。
① 満21歳以上であること
② 第一種免許を取得してから3年が経過していること

また、地域によっては該当エリアの道路情報や建築物について問われる、地理試験の合格が必要な場合があります。

二種免許とは

個人での私的利用ではなく、一事業として車両を運転する場合に必要となるのが「第二種運転免許」です。具体的な事業内容とは、バスやタクシーのようにお客様を乗車させ賃金を受け取る走行を指します。その他、移動先で飲酒をした際に利用する運転代行を行う際にも「二種免許」が必要となります。一般車両と異なる点は商業ナンバーがつけられる点です。

免許を取得して事業に参加しよう

タクシードライバーを目指す人にとって「第二種免許」の取得は必須項目となります。しかし、車道ではいつどんな危険が生じるか分かりません。免許を取得したことで満足せず、優秀なドライバーを目指して、常にお客様目線での走行を心がけましょう。

おすすめ記事