配車アプリの流通によってタクシーへの乗車前に確定運賃が分かるようになりました。システム導入による利用者と運転手のメリットとデメリットについて紹介します。

利用者と運転手のメリット

タクシーは乗りたいときに乗車できる便利な交通手段の一つですが、利用者によっては予測できない運賃や道順、道路交通情報を不安視する人も少なくありません。事前に運賃や経路を設定できることによってタクシーを利用するハードルを下げることができます。タクシー会社にとっては、そうした乗車を躊躇する利用者層を獲得することができ、収益を上げることができます。また、決済トラブルや交通経路のトラブルを回避することも可能です。

利用者と運転手のデメリット

アプリが普及することにより、マッチング機能によって経歴やスキルに関係なく誰でもお客様を獲得することができます。従って、ドライバーとしてのスキルアップが図れなくなる恐れがあります。利用者にとっては機械的に選別されるドライバーの力量によっては危険を伴う恐れがあります。

アプリを上手に使うために

人間が機械に使われないよう、アプリと上手に付き合う必要があります。AIによるマッチング機能や事前確定運賃を上手に使い、従来後回しになっていた接客スキルや運転マナーへの配慮を徹底するなど技術向上に努めましょう。