以前のタクシーの利用方法は、移動手段の一つとして、目の前を走っているタクシーを停めて乗るという方法が主流でした。

しかし、昨今では車種やタクシー会社を選び、快適な空間を求める方向に向いてきています。

タクシーを使いたいと思うきっかけとしては、疲れているときや荷物が多い時、旅行に行った時などがあげられるため、快適さを求められていると思われます。

タクシーでの移動は、目的地までストレートに行けることが一番の利点で、旅行での観光地巡りや近距離での移動にも必要とされているのです。

高齢化による車の免許を自主返納される方や、運転を控える方も増え、以前にもましてタクシーを利用する方も増加してきています。

更に、若い方たちの車離れが進んでおり、公共の交通機関に併せて、タクシーのニーズは高まっているのです。

現在は、タクシーも様々なものが用意されているため、状況によって選ぶことができるようになりました。

4名以下の乗車に適しているセダンタイプは、エコカーを使用する会社も多くなってきています。

JPN(ジャパン)タクシーは、ワゴン型の設定要件を満たした車種に認定されるハイブリット商用車で、スライドタイプのドアが使用されています。

5~6名が乗ることができるミニバンタイプ、7~9名の乗車ができるワンボックスタイプのジャンボタクシーは人数が多い場合の移動に最適です。

高級車を使用した完全予約制のハイヤーや、車いすごと乗ることができる福祉タクシー、ストレッチャーに乗って移動ができる寝台タクシーなどもあります。

近年では、セダンタイプのタクシーから車高が高くスライドドアタイプの社内の広い車種が増えてきました。

乗車する人の心理として、同じ金額を払うならば、乗り心地も大切な要因になってきているのです。

また、タクシーアプリの普及もタクシー業界が大きく変わってきたきっかけになっています。

タクシー業界は慢性的な人手不足

観光客の増加やドライバーの高齢化により需要が増えているにもかかわらず、タクシー業界は慢性的な人手不足があります。

給料は歩合制が占める割合が高い場合が多く、深夜勤務による不規則になるところも特殊な職業といえるかもしれません。

しかし、学歴や性別、年齢にかかわらずどんな方でも公平に働ける仕事で、普通自動車免許があればタクシードライバーになることができます。

タクシードライバーになる際に必要となる第二種普通自動車免許取得のための20~30万円は、タクシー会社で費用を負担してくれることがほとんどです。ただしこちらは会社に要確認となります。

平均年収が低い印象を持たれがちですが、ドライバーの平均年齢が高く、年金受給者やダブルワークの方も多いため、平均年収を下げていると考えられています。

タクシー会社の労働時間は、国土交通省と厚生労働省により、厳しい法規制が整備されており、違反した場合は罰則も与えられます。

タクシー業界では、働く人を確保すべく、様々な取り組みが行われております。

昼間勤務限定での採用を可能にし、女性も働きやすい環境が作られてきている会社もあり、女性ドライバーも増え、子育てをしながらのパート勤務が可能にもなってきています。

<例/平和交通>
女性ドライバーを積極的に採用すべく、専用の採用ページを設けています。また女性が働きやすいよう、女性専用の更衣室や浴室などを整備している営業所もあります。

参考:タクシー女性求人|神奈川県横浜市や川崎市のタクシーなら平和交通

雇用が決定した時点で就職祝い金や支度金を出す会社も出てきました。

安全に確実に目的地まで自動車を運転し送り届けることが基本的な仕事になりますが、コミュニケーション能力も多少必要となります。

未経験者歓迎の会社も多く、道を知らない、お客様の拾い方がわからないという方も研修によってしっかり教えてくれるので安心です。

これからのタクシー業界は、更に進化し、乗客の増加に伴い、タクシードライバーの需要も増えていくと思われます。